リフォーム取引販売士試験の難易度・合格率・試験日など

サービス・販売の資格
リフォーム取引販売士試験とは

優良リフォーム支援協会が行っているリフォーム取引販売士検定に合格することによって得られる資格です。

eラーニングで教科書を勉強してから3回まで受験することができ、携帯に便利な名刺サイズの認定証がもらえます。

資格取得のためには、試験を行う協会などに属する必要がある場合もありますが、こちらの資格は協会員でなくても、受験することができます。

スポンサーリンク

目次

基本情報試験内容受験数・合格率
難易度勉強法仕事
口コミ(0件)

リフォーム取引販売士試験の基本情報

資格名リフォーム取引販売士
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
受験資格なし
試験日程随時実施
試験場所自宅など
試験内容eラーニング(3回まで受験可能)
免除科目
合格点非公開
受験料4,320円
登録・更新資格の有効期限は2年。2年ごとの受講を推奨
問い合わせ一般社団法人優良リフォーム支援協会
関連資格マンションリフォームマネジャー住宅ローンアドバイザーリテールマーケティング(販売士)検定宅建士(宅地建物取引士)

リフォーム取引販売士試験の内容

個人情報保護法、消費者契約法、特定商取引法、住宅品質確保促進法、内装制限、採光、遮音、介護保険など

リフォーム取引販売士試験の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

リフォーム取引販売士試験の難易度

eラーニングで教科書を見ながら試験を受けることが出来るので難しい試験ではありません。

リフォーム取引販売士試験の勉強法

受講登録後に、ネット上で教科書を見ることができ、そちらを読んだ後に試験を受けることになりますので、特に自分でテキスト等を購入して勉強する必要はありません。

リフォーム取引販売士資格を活かせる仕事

検定に合格すれば認定証を受け取ることができるので、リフォーム会社や建築業界などで活かすことができます。

リフォームの大切さ

リフォームはただ家を綺麗にリフォームすれば良いというものではありません。ちょっとした行き違いが不信感となります。実際、近年、国民生活センターには数多くの苦情が寄せられていますし、契約不備などによる裁判沙汰も数多く起きています。

だから、実際にリフォームに入る前に、事務的なこと、法的なこと、施工後の補償やアフターケアについても、お客様に分かる言葉で丁寧に説明し、トラブルが起きないように配慮する必要があります。

トラブルを抱えるのは誰にとっても嫌なことです。リフォームに関係する仕事をする方は、リフォーム取引販売士になる勉強をし、リフォーム全般についての知識を向上させ、お客様の信頼を獲得することをお勧めします。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サービス・販売の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2020年】
タイトルとURLをコピーしました