通販エキスパート検定試験の難易度・合格率・試験日など

サービス・販売の資格

通販エキスパート検定は、ネット通販が拡大していくにつれて、とても重要視される資格になってきています。

2010年から開始している検定試験で、一般社団法人通販エキスパート協会が実施しています。ネット通販が拡大するとともに、年々受験者数は増加しています。

検定試験は、初級の3級、中級の2級、そして1級の通販マネジメントがあります。

3級は通販会社に勤務する予定の人や、ネットショップ運営希望者などが受験しています。2級は長年通販事業に関与している人、自分でネットショップを運営されている人が受験しています。

1級は特級とされていて、通販会社の管理職レベルの人などが受験しています。

試験はマークシートになっています。公式テキストで勉強して合格できる内容になっているのでしっかりとテキストを読み込みましょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 通販エキスパート検定
評価
(3級)
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国約200ヶ所のWEB試験会場
試験方法 【1級】筆記試験(マークシート4択式、記述式)
【2級・3級】筆記試験(マークシート4択式)
免除科目
合格基準 調査中
受験料 【1級】10,000円【2級】7,800円
【3級】6,000円
登録・更新
問い合わせ 一般社団法人 通販エキスパート協会

サービス・販売の資格一覧

試験日程

4月、10月(年2回)

第11回試験

【試験日】2018年10月1日(月)~10月31日(水)
【申込期間】2018年8月20日~10月28日

試験内容

1級

通販ビジネスの経営戦略、顧客マネジメント、組織変革・人材育成マネジメントなど

2級

通販のマーケティング戦略、商品開発・媒体制作・検証、ネット通販の実務戦略、配送・決済など通販のバックヤード、リスクマネジメントと通販の法律知識など

3級

通販の仕組みと基本的フロー、通販の事業モデルと代表的企業、通販の媒体と広告戦略、通販の顧客対応とコンプライアンス、通販の各種法律知識など

受験者データ

2016年

区分 受験者数 合格率
1級 133人 66%
2級 309人 54%
3級 312人 66%

受験者の70%が女性、年代は20代~30代で70%を占めます。

試験の難易度

合格率を見る限りそこまで難しい試験ではない様です。

但し、1級に関しては小売業などでのマネジメント業務に携わっている方を対象にしていますので、合格率程簡単な試験ではありません。

試験の勉強

各区分に対応した公式テキストがあるので、そちらをメインに勉強して下さい。

勉強法 準備中
テキスト 通販エキスパート検定 公式テキスト

資格を活かせる仕事

インターネットの拡大により、いまやどの小売業でもネット通販が主流になっているので、活躍できる場は多数あります。

今は店舗販売だけだけど、今後ネット販売を展開していく企業では重宝されるかもしれません。

但し、資格の認知度は決して高くないので、資格を取得したからと言って就職や転職活動の際に劇的に有利になることは無いです。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事