英検Jrの難易度・合格率・日程など

資格名 英検Jr
評価【GOLD】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 GOLD、SILVER、BRONZE
受験資格 誰でも受験できます(対象者は子供)
試験方法 筆記試験、オンライン試験
試験場所 全国各地のグループ会場(試験責任者が定める)
試験日程 ①6月中旬~下旬、②11月上旬~中旬、③1月下旬~2月上旬
※オンライン試験は随時
申込期間 ①5月上旬~ 5月末、②9月上旬~ 10月上旬、③12月中旬~1月中旬
合格発表 テスト後、すぐに発表
受験料 GOLD:2,900円
SILVER:2,700円
BRONZE:2,500円
問い合わせ先 公益財団法人 日本英語検定協会
スポンサーリンク

概要

児童英検

英検Jrとは、英検を実施している「日本英語検定協会」が実施している試験で、英語の音声を聞いてその内容に合う選んで行う、遊び感覚の試験になります。

TOEICなどと同じくスコアで判定するので、合否という概念はありません。

試験には、小学校低学年を対象とした「BRONZE」、小学校中学年程度、BRONZEでの正解率80%以上の児童が対象の「SILVER」、小学校高学年程度、SILVERでの正解率80%以上の児童が対象の「GOLD」の3つのグレードがあります。

また、試験方法は、学校や塾など、会場をして行う「ペーパー版」と、自宅などで手軽に受講できる「オンライン版」があります。

ペーパー試験は5名以上の団体グループのみ受験できるので、個人では受験することができないので注意して下さい。

先ほども申した通り、試験は遊び感覚で行えるので、試験通じて、英語への関心や興味を促すことができますので、小学生ぐらいの子供を持つ親御さんは、一度自分のお子さんの受験を考えてみてはいかがでしょう。

試験内容

試験は、レベル別に「GOLD(上級)」「SILVER(中級)」「BRONZE(初級)」の3つの区分で行われます。

GOLD

  • 物語や紹介文などのまとまった文章を聞き、その内容に合った絵を選択
  • 2人の会話を聞き、その内容に合った文を選択
  • 4コマの絵(文字入り)を見ながら会話を聞き、抜けているセリフに合っている文を選択

など・・・

SILVER

  • 音声を聞いて、絵に合った内容のものを選択
  • 音声を聞いて、その内容に合った応答を選択
  • 様々な表現による3つのヒントを聞き、その内容に合った絵を選択

など・・・

BRONZE

  • 音声を聞いて、絵に合った内容のものを選択
  • 基本動詞を使った会話を聞き、その内容に合った絵をすべて選択
  • あいさつや定型表現を含んだ会話を聞き、その内容に合った絵を選択

など・・・

免除科目

なし

合格基準

スコアにより判定するので、合格と言う概念は無い

受験者数・合格率

受験者数は累計10万人以上

試験の難易度

子供を対象にした試験になるので、何とも言えませんが、一番上位のGOLDと英検4級が同等レベルと考えられます。

英検Jrは英検と違ってイラストを多用し、問題形式が3択問題になるので、そういった意味では英検5級より簡単に思えるかもしれませんね。

試験の勉強

英検Jrでは「ヒヤリングの能力」が必要になるので、とにかく英語を聞いて勉強することをオススメします。普段の生活の中で、英語のテレビを見たり、英語版のアニメを見たりなど、英語と触れ合う機会を増やしてみて下さい。

参考書や模擬問題集も豊富に出版されていますので、勉強法に困ることはないと思います。

勉強法 児童Jr. 勉強法
テキスト ゲームで楽しみながら英語が身につく!英検開発の子ども向けリスニング教材
問題集 児童Jr. 問題集

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年11月04日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事