中小企業診断士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 中小企業診断士
評価
資格種別 国家資格
資格法令 名称独占資格
資格区分 なし
受験資格 1次試験:誰でも受験できます
2次試験:1次試験合格者
試験方法 1次試験:筆記試験(択一式)
2次試験:筆記試験、口述試験
試験場所 1次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇
2次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験日程 1次試験:8月上旬
2次試験:10月下旬(筆記)、12月中旬(口述)
申込期間 1次試験:5月頃まで
2次試験:8月~9月頃まで
合格発表 1次試験:9月上旬
2次試験:12月上旬(筆記)、12月下旬(口述)
受験料 1次試験:13,000円
2次試験:17,200円
問い合わせ先 一般社団法人 中小企業診断協会
スポンサーリンク

概要

中小企業

中小企業診断士とは、「中小企業の経営診断の業務に従事する者」と、中小企業支援法で定められており、企業の経営全般においてアドバイスをする経営コンサルタントです。尚、中小企業診断士は経営コンサルタントとしての唯一の国家資格になります。

中小企業診断士の勉強では、経営全般のことを学ぶことができますので、経営コンサルタントを目指していない一般の会社員も多く受験しています。

中小企業診断士になるには、まずは1次試験に合格する必要があります。1次試験に合格後は、そのまま2次試験に合格して15日以上の実務補習を受講するか、養成課程を終了することで、中小企業診断士の登録ができ、晴れて中小企業診断士になることができます。

1次試験の受験資格はありませんが、近年の合格率は1次試験、二次試験共に20%程しかありませんので、かなりの対策をしておかないと合格することは難しいでしょう。

試験内容

1次試験

経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理(オペレーション・マネジメント)、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策

2次試験(筆記試験)

中小企業の診断及び助言に関する実務の事例

2次試験(口述試験)

中小企業の診断及び助言に関する能力

免除科目

前々年度及び前年度に合格した科目は免除

合格基準

  • 1次試験:総点数の60%以上の得点率で、尚且つ1科目でも満点の40%未満のないこと。また、科目合格については、満点の60%以上の得点率で合格
  • 2次試験:総点数の60%以上の得点率で、尚且つ1科目でも満点の40%未満のないこと。また、口述試験については、評定が60%以上の得点率で合格

受験者数・合格率

一次試験

実施時期 受験者数 合格率
2014年 13,186人 26.0%
2014年 13,805人 23.2%
2013年 14,252人 21.7%
2012年 14,981人 23.5%
2011年 15,803人 16.4%
2010年 15,922人 15.9%
2009年 15,056人 24.1%
2008年 13,564人 23.4%
2007年 12,776人 18.9%
2006年 12,542人 22.3%
2005年 11,000人 22.2%

二次試験

実施時期 受験者数 合格率
2014年 4,941人 19.1%
2014年 4,885人 24.3%
2013年 4,907人 18.5%
2012年 4,878人 25.0%
2011年 4,003人 19.7%
2010年 4,736人 19.5%
2009年 5,331人 17.8%
2008年 4,412人 19.8%
2007年 3,947人 20.2%
2006年 4,014人 20.1%
2005年 3,589人 19.6%

試験の難易度

中小企業診断士試験の平均勉強時間は1,300時間と言われています。その統計から考えると、毎日4時間休みなく勉強しても、取得するまで1年近くかかることになります。

但し、あくまで統計になるので、予備知識があり経営コンサルタントに関する実務経験がある受験者だともっと短い時間で取得可能だし、全く無知の状態でチャレンジするする場合は2,000時間かかっても合格できないかもしれません。

ただ一つ言えることは、難しい試験なのは間違いありません。

試験の勉強

まずは1次試験に合格できるよう1年単位のスパンで計画を立てましょう。独学でも合格可能ですが、お金に余裕があれば予備校などに通った方が現実的です。

2次試験は口述試験になるので、独学だけでの取得は難しいでしょう。

勉強法 中小企業診断士 勉強法(準備中)
テキスト 中小企業診断士 テキスト
問題集 中小企業診断士 過去問
資格講座の比較 CareerIndexスクール

資格講座の紹介

様々な学校やスクールで対策講座を行っていますが、まず候補に入れてほしいのが「ユーキャンの中小企業診断士講座」です。

メインテキストが9冊と副教材として科目別問題集やトレーニング問題など数多くのテキストが用意されているので、学校に通う時間が取れない方にはお勧めできます。

資格講座の比較検討をする

資格を活かせる仕事

経営コンサルタントとして活躍することができます。

中小企業診断士としての仕事をするには、大きく分けて企業に就職して企業内や中小企業の支援センターでコンサルティング業務を行う、言わばサラリーマンとして働く方法と、独立して中小企業診断士事務所を開業する方法のいずれかになります。

ただ現実的に考えて、いきなり独立開業をしてバリバリ働くのには、知識も人脈も無いので成功する確率は極めて低いので、まずは企業で経験を積んでから独立開業する人も多く、ビジネス関連の学校やスクール、企業研修などで講師として活躍している人も多数います。

活躍の場は大きく、自己啓発にも役立つので取得して損は無いと思います。

参考までに、中小企業診断士の平均年収は780万円程度になります。これは一般的なサラリーマンに比べると大幅に多い水準になります。

但しその一面で年収500万円以下が半数近く占めているので、勤務する企業の規模により収入が大きく変わります。

独立開業すれば年収1,000万円以上も夢ではないので、夢のある仕事と言えるでしょう。(勿論、それに伴うリスクはありますが・・・)

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク