ふぐ調理師試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ふぐ調理師
評価
資格種別 公的資格
資格法令 業務独占資格
資格区分 なし
受験資格 各都道府県により異なる(概ね、調理師免許、実務経験など)
試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 全国各地
試験日程 各都道府県により異なる
申込期間 各都道府県により異なる
合格発表 各都道府県により異なる
受験料 各都道府県により異なる(18,000円程)
問い合わせ先 各都道府県の衛生課
スポンサーリンク

概要

ふぐ

内臓などに強力な毒性を持つ「ふぐ」を調理するには、ふぐ調理師の資格を取得しなければいけません。ふぐ調理師の試験の管理は各都道府県で個別に定めていますので、各都道府県で取得した資格は、基本的にその都道府県でしか適用されません。

試験内容に限らず、受験資格も各都道府県により異なりますので、受験する場所で難易度が異なるといった問題もあり、「全国ふぐ連盟は日本全国で統一した制度を求めています。

ここでは、ふぐ調理師にかんする概要のみ掲載していますので、詳細内容をお知りになりたい方は、各都道府県の衛生課にお問い合わせ下さい。

試験内容

各都道府県により異なる(概ね、筆記試験はふぐに関する基礎知識、実技試験はふぐの解体)

免除科目

合格基準

各都道府県により異なる

受験者数・合格率

合格率は60%程

試験の難易度

試験自体は簡単な試験ではありません。受験資格に実務経験などがいることから受験資格を得ている人からしてみればさほど難しく感じないかもしれません。

試験の勉強

問題集やテキストがあまりないので独学での取得は苦労するかもしれません。

定期的に調理師専門学校で講習会が実施されているので参加してみて下さい。

勉強法 ふぐ調理師 勉強法(準備中)
テキスト ふぐ調理師 試験
問題集 ふぐ調理師 模擬問題

資格を活かせる仕事

ふぐを食材として扱う、ふぐ料理店や料亭、レストランなどで活躍することができます。

調理師の平均年収は330万円程度と言われていますが、ふぐ調理師だと更に上がります。

資格手当の対象になる資格になるので、ふぐ料理専門店だと資格手当で2万円以上付くこともあります。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事