視能訓練士試験の難易度・合格率・試験日など

医療・心理の資格

視能訓練士は、病気や事故で、斜視や弱視などの目の機能が低下してしまった人を対象にリハビリ行為をして、機能回復を目指して指導する目の専門家になります。

医師の指導があれば、目に関する治療行為のほとんどを視能訓練士が行うことができますので、視能訓練士が出来る仕事の範囲は大きくなり、今後も注目されていくであろう資格の一つになります。

また、斜視や弱視の患者の多くが子供になることから、視能訓練士の9割が女性になります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 視能訓練士
評価
資格種別 国家資格(業務独占資格)
資格区分 なし
受験資格 ・文部科学大臣の指定した大学を卒業厚生労働大臣が指定した視能訓練士養成所で3年以上の経験
・外国の診療放射線技師養成所を卒業し免許を取得
詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧下さい
試験場所 東京都、大阪府
試験方法 筆記試験(五肢択一式 [一般問題:130問][臨床問題:20問])
免除科目
合格基準 169点満点中、おおよそ102点以上
受験料 15,800円
登録・更新 登録免許税:9,000円。更新制度は無い
問い合わせ 医政局医事課試験免許室
関連資格
  • ケアマネジャー(視能訓練士を取得して福祉系の施設で5年以上の実務経験があれば受験資格を得られる)
  • 臨床心理士(精神的な問題を抱える人に対して、臨床的な心理学の知識を用いてケアをする専門家)
  • 義肢装具士(公益財団法人テクノエイド協会が厚生労働大臣の指定を受けて実施)
  • 作業療法士(事故や病気、障害などで身体の機能を失われてしまった人に対して援助するための資格)
  • 理学療法士(Physical Therapist(PT)との呼ばれている西洋の医療方法)

国家資格一覧 ・医療・心理の資格一覧

試験日程

2月下旬(年1回)

2018年度試験

【試験日】2019年2月21日(木)
【申込期間】2018年12月14日~2019年1月4日
【合格発表】2019年3月25日

試験内容

基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学、視能訓練学

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2017年 910人 97.7%
2016年 832人 93.1%
2015年 886人 94.0%
2014年 886人 88.9%
2013年 953人 90.6%
2012年 743人 73.5%
2011年 720人 92.4%
2010年 734人 85.4%

試験の難易度

受験資格を得ることができる能力があれば、それほど難しい試験ではありません。

試験の勉強

勉強法 視能訓練士 勉強法(準備中)
テキスト
問題集 視能訓練士 問題集

資格を活かせる仕事

視能訓練士の職場として、大学病院や総合病院など眼科医がある場所での勤務が大半です。その一方個人病院に勤めている人は少ない傾向にあります。

他の医療技術者の資格に比べると収入は低く、視能訓練士としての初任給で18万円~22万円程度になります。

ちなみに、視能訓練士の平均年収は350万円~400万円程度です。専門職の割には低い水準になっています。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★5

おじ 40代男性(会社員)
2014年12月24日

3ヶ月ぐらい勉強
視能訓練士を目指すキッカケになったのは、子供に時に行った眼科で検査している方の仕事が楽そうだったからです(笑)。あとは、専門職になるので、ある程度経験を積めば一生生活出来るかなーって安易な考えもあります。今思えば、なんで視能訓練士になろうと思ったのか明確な理由は見つかりません。
資格を取得してメリットを感じることは、女性に囲まれるので、女好きの男性には持って来いの職業だと思います(笑)
視能訓練士は女性が非常に多く、お若い方が多いので私みたいなおっさんは浮きます。女性に優しい職種なので、結婚や妊娠による再就職にも有効な資格だと思います。アルバイトで雇用している所もありますので、自分のライフスタイルに合った働き方ができるのもこの資格の大きな魅力ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事