競売不動産取扱主任者試験の難易度・合格率・試験日など

競売不動産取引主任者とは、「一般社団法人 不動産競売流通協会」が実施しており、不動産競売のエキスパートとして、一般消費者に対して競売に関するアドバイスやサポートをするための一定の知識を持っているということを示す為の試験になります。

試験合格後に、特定の登録要件を満たす人は、不動産競売流通協会へ競売不動産取扱主任者として登録し、主任者証の発行をすることができますので、就職や転職活動の際に役立てて下さい。

人気資格の宅建士との違いは、宅建士は国家資格で業務独占資格になるので、宅建士を取得すれば宅地建物取引士としての業務が出来るようになるのに対して、競売不動産取扱主任者は不動産競売の基礎的な知識を証明する資格でしかなく、何かの業務を独占的に行うことができる資格ではありません。

スポンサーリンク

基本情報

資格名競売不動産取扱主任者
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル建築・不動産
資格区分なし
受験資格なし
試験日程12月上旬(年1回)
試験場所札幌、仙台、金沢、東京、名古屋、大阪、広島、高松、博多、那覇
試験内容筆記試験(50問の四肢択一)
免除科目
合格点非公開
受験料9,500円
勉強法競売不動産の基礎知識」(公式テキスト)があるので、勉強はやりやすいと思います。
登録・更新登録講習費用:15,000円、主任者交付費用:15,000円
資格の有効期限は5年間。更新時講習と交付手数料を合わせて18,000円
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 不動産競売流通協会
関連資格

試験日

2018年度試験

【試験日】2018年12月9日(日)
【申込期間】2018年8月1日~10月31日
【合格発表】2019年1月16日

試験内容

不動産競売実務、民事執行法、民事訴訟法、民法、宅地建物取引業法、都市計画法、建築基準法、税法。裁判所資料の正確な理解、競売不動産の出品から、落札、明渡迄とその付随する物の法律知識等

受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2017年2,201人40.4%
2016年1,985人38.2%

試験の難易度

競売不動産に関する基本的な知識を問う試験になるので、難しい試験ではありません。実務未経験の方でも合格可能です。

資格を活かせる仕事

不動産業界などで活躍することができます。

受験者の口コミ

競売不動産取扱主任者は宅建士の登竜門的な試験になりますが、この資格を取っても競売取引主任者としての登録は出来ないのは勿論、知名度の低い資格になるので履歴書に書いてもほとんど意味が無いと思います。
私は現在、貸借代理の仕事をしていますが、この資格を持っている人はいません。と言うか上司はこの資格の存在すら知らなかったので、この業界で働くなら競売不動産取扱主任者を目指すのではなくて、少し難しいですがいきなり宅建士の取得を目指した方が良いと思います。(30代男性 会社員)[2014年5月14日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

建築・不動産
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました