DCプランナー試験の難易度・合格率・試験日など

金融・会計・簿記

DCプランナー試験は、年金制度全般にわたる専門的な知識に加え、投資やライフプランに関する知識を問う試験で、「金融財政事情研究会検定センター」が実施している資格になります。

ちなみにDCとは、確定拠出年金プラン(Defined Contribution Plan)のことを指します。

適格年金制度が平成24年3月末に廃止されたことにより、一部の企業では、新しい企業年金制度に移行されたところもありますが、今後ますます確定拠出年金制度をはじめとする新しい企業年金制度に移行する企業等が増加すると思われます。

このようなことから、DCプランナーの活躍の場はますます広がるでしょう。

資格名 DCプランナー
評価
【2級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 なし (但し、1級を受験するには2級の取得が必要)
試験場所 全国各地
試験方法 筆記試験、実技試験
免除科目
合格基準 【1級】200点満点中140点以上
【2級・3級】100点満点中70点以上
受験料 【1級】10,800円
【2級】6,480円
登録・更新 2年毎の更新が必要
問い合わせ 一般社団法人 金融財政事情研究会検定センター
関連資格

金融・会計・簿記の資格一覧

スポンサーリンク

試験日程

【1級】1月下旬(年1回)
【2級】9月上旬(年1回)

2018年度試験

【試験日】
<1級>2019年1月27日(日)
<2級>2018年9月9日(日)

【申込期間】
<1級>2018年11月12日~12月3日
<2級>2018年7月4日~7月25日

【合格発表】
<1級>2019年3月7日
<2級>2018年10月22日

試験内容

1級

【出題形式】
<基礎編>
四答択一式問題50問程度(マークシート形式)
<応用編>
記述式問題5問程度

【出題項目】
<公的年金制度>
公的年金制度の概要、国民年金の仕組み、厚生年金保険の仕組み、共済年金の仕組み、公的年金制度の改革動向
<私的年金制度>
私的年金制度の概要、企業年金と退職金制度、国民年金基金の仕組み、厚生年金基金の仕組み、税制適格退職年金の仕組み、中小企業退職金共済制度、特定退職者共済制度、財形年金制度、各種個人年金とその仕組み
<新しい私的年金制度>
確定拠出年金制度導入の背景、確定拠出年金制度の位置付け、米国確定拠出型年金の概要とわが国制度との比較、確定給付企業年金法に基づく制度、ハイブリッド型年金制度

2級

【出題形式】
四答択一式問題45問程度(マークシート形式)

【出題項目】
<公的年金制度>
公的年金制度の概要、国民年金の仕組み、厚生年金保険の仕組み、共済年金の仕組み、公的年金制度の改革動向
<私的年金制度>
私的年金制度の概要、企業年金と退職金制度、国民年金基金の仕組み、厚生年金基金の仕組み、税制適格退職年金の仕組み、中小企業退職金共済制度、特定退職者共済制度、財形年金制度、各種個人年金とその仕組み
<新しい私的年金制度>
確定拠出年金制度導入の背景、確定拠出年金制度の位置付け、米国確定拠出型年金の概要とわが国制度との比較、確定給付企業年金法に基づく制度、ハイブリッド型年金制度
<確定拠出年金制度の仕組み>
確定拠出年金制度の概要、企業型年金の仕組み、個人型年金の仕組み、加入対象者、掛金と拠出限度額、運用、受給権と給付、離・転職時の取扱い、税制上の措置、確定拠出年金規約、加入者のメリット・デメリット、企業のメリット・デメリット、既存の退職給付制度からの移行

など

受験者数・合格率

1級

時期 受験者数 合格率
2018年 929人 22.5%
2017年 1,032人 24.6%
2016年 864人 9.3%
2015年 748人 43.3%
2014年 765人 32.4%
2013年 680人 19.1%
2012年 800人 44.1%
2011年 727人 41.5%

2級

時期 受験者数 合格率
2018年 2,417人 41.2%
2017年 2,803人 44.6%
2016年 2,499人 38.5%
2015年 1,839人 65.1%
2014年 1,873人 65.1%
2013年 1,656人 62.7%
2012年 1,775人 57.0%
2011年 1,959人 51.6%

試験の難易度

1級も2級もそれほど難しい試験ではありません。

試験の勉強

勉強法 DCプランナー 勉強法
テキスト DCプランナー テキスト
問題集 DCプランナー 問題集

資格を活かせる仕事

金融機関で活躍することができます。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事