弁当サービス管理士試験の難易度・合格率・日程など

料理の資格
弁当サービス管理士は、イベントなどが行われる際に提供されるお弁当に関して、食中毒が起こらないように管理する方法や大勢の人が食べるお弁当に関する製造方法、またメニュー管理、お弁当工場の設備や衛生管理などを学ぶ試験です。

民間資格で「一般社団法人日本弁当サービス協会」が実施しています。

1級と特級があり特級は論文の作成も試験に入っています。

資格を取得していると宅配弁当業者や仕出し弁当業者での仕事に役立ちます。またマネジメントについても学ぶので、弁当販売会社を経営していきたいという人の受験者も多いです。

資格を保持するには、3年ごとに更新する必要があります。

通信講座を受講することで受験でき、難易度も比較的低い試験となっていますので、飲食業界に努めていて宅配事業なども行っている場合は、弁当サービス管理士の資格は取得しておくと役立つ資格といえるでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 弁当サービス管理士
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 弁当サービス管理士としての実務経験、及び所定企業が認めた者で、教育通信講座を修了
試験方法 筆記試験
免除科目 不明
合格基準 不明
受験料 30,000円
問い合わせ 公益財団法人 日本弁当サービス協会

試験日程

年1回実施(時期は不明)

認定から更新までの流れ

  1. 通信教育講座への申し込み
  2. 通信教育講座を 3 ヶ月間受講
  3. 認定試験の受験
  4. 認定委員会による合否決定
  5. 認定証授与
  6. 3年ごとに更新

講習内容

  • 弁当給食サ-ビス
  • 法規、通知類、「法令集」
  • 衛生管理
  • メニュー管理
  • 弁当調製の実際
  • 施設・設備とその管理
  • 経営資料の作成方法と読み方
  • 喫食者サービスと食育

受験者数・合格率

合格率は90%程

試験の難易度

通信教育講座をキチンと受講していれば問題無く合格できるので難易度としては低いです。

試験の勉強

通信教育講座を受講すれば特に試験対策は必要ありません。

資格を活かせる仕事

宅配弁当業・仕出し弁当業などで活躍することができます。

弁当製造の技法やマネジメントに関して専門知識や管理技法を習得し、企業の自主衛生管理体制を担当するのが弁当サービス管理士です。弁当は食べ物ですから、何より衛生管理の徹底が求められます。その為、法規、法令を知ること以外に弁当を作る施設や設備の管理、その他にも現在は食育に付いても詳しくないと弁当サービス管理士は勤まりません。

又、マネジメント面では、経営資料の作成もこの弁当サービス管理士の仕事なります。弁当の質を向上させる事に依って、消費者に安心と共に健康を提供するのも弁当サービス管理士の役目です。その為に、メニューの管理は大事な仕事なります。又、弁当を実際に調理する場の管理も欠かせません。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事