給食サービス管理士試験の難易度・合格率・日程など

料理の資格
給食サービス管理士とは、「日本給食サービス協会」が実施している認定資格で、給食製造技法やマネジメントに関する専門知識や管理技法を問う試験になります。

資格を取得するには、3ヶ月に及ぶ通信教育講座を受講して、認定試験に合格しなければいけません。また、資格を保持するには、3年ごとに更新する必要があります。

講習の定員は300名になりますので、受講される方は出来るだけ早く申し込みを完了させましょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 給食サービス管理士
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます(但し、認定してもらうには、給食サービスに関する業務を5年以上の実務経験が必要)
試験場所 【スクーリング】東京、大阪
【筆記試験】仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験方法 通信学習、スクーリング、筆記試験
免除科目
合格基準 不明
受験料 21,600円~
問い合わせ 公益財団法人 日本給食サービス協会

試験日程

11月中旬(年1回)

第27回試験

【試験日】2018年11月10日(土)
【申込期間】2018年5月1日~6月8日
【合格発表】未定

受講内容

通信学習とスクーリングを修了させることで、学科試験を受験することができます。

受講科目の詳細は、受講時に案内されます。

受験者数・合格率

合格率は90%程

試験の難易度

通信教育講座をキチンと受講していれば合格可能です。

試験の勉強

通信教育講座があるので特に事前対策は必要ありません。

資格を活かせる仕事

この資格を持っていると、事業所などの給食(社員食堂)、学校の給食、病院内の求職、福祉施設の給食、保育所の給食、介護施設の給食などの調理を行う施設への就職が有利になります。

超高齢化社会の日本ですので、病院や、福祉施設、介護施設は年々増加しています。それにともない、施設内の給食施設も増加傾向にあります。

施設が増加すれば、人手も必要となりますので、今後、給食サービス管理士としての資格は必ず役に立つはずです。

また、この資格では、食品管理や衛生管理などの知識を学びますので、給食施設だけでなく、飲食店への就職にも活かすことができます。加えて、店長になるための知識も学びますので、飲食店などに就職をすれば、店長を目指すことにも活かせます。

その他、この資格を取るために、人事や労務管理としての知識も学びます。

ですから、給食を提供している施設以外にも、人事部や労務管理部などのある企業への就職にも役立てることができます。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事