食品冷凍技士試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

食品冷凍技士とは、食品の低温による加工などの研究や開発、製造に関する知識を問う試験で、「日本冷凍空調学会」が実施している民間資格になります。

もともと冷凍や空調の管理というのは事故などを防ぐために重要であり、そのために食品冷凍技士という役職が重宝されるようになりました。

食品の加工や製造、保管、輸送や流通において最新の技術動向を学び、食品の品質を保持し、その不備による事故の発生を防ぐために認められた資格です。

食品に関わる業務や関連業務に3年以上従事している人、大学や短大、高専において職人になるための課程を卒業した人やあるいはそれ以上の学力を持ち、実務経験を積んでいる人が受験資格を得ます。

食品の冷凍に関する学識を問う筆記試験が2時間、食品の冷凍の技術に関する試験が2時間行われ、60%以上の点数が取得できれば合格です。試験は毎年2月中旬から下旬にかけて日曜日に行われています。

スポンサーリンク

食品冷凍技士試験とは

資格名食品冷凍技士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル料理・食材
資格区分なし
受験資格・低温に係わる食品の研究・開発・加工・製造・保管ならびに輸送・流通の業務 並びに教育などの関連業務に従事し、通算3年以上の実務経験者
・学校教育法による大学(院)、短大、高等専門学校において職人に関する課程を修めて卒業した者、またはこれと同等以上の学力を有する者で1年以上の実務経験者
試験日程2月下旬(年1回)
試験場所東京、名古屋、大阪、福岡、札幌(実施年度により異なる)
試験内容筆記試験(学識試験、技術試験)
免除科目
合格点不明
受験料日本冷空調学会にお問い合わせください
登録・更新食品冷凍技士の登録までの有効期間は3年間
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ公益財団法人 日本冷空調学会
関連資格

食品冷凍技士試験の試験日

2018年度試験

【試験日】2019年2月24日(日)
【申込期間】2018年12月~1月

食品冷凍技士試験の試験内容

学識試験

食品冷凍の総論と物理、食品冷凍の化学、食品冷凍の衛生学、冷凍設備と解凍設備

技術試験

畜産物の冷凍、水産物の冷凍、農産物の冷凍、冷凍食品の品質管理

食品冷凍技士試験の受験者数・合格率

合格率は70%程

食品冷凍技士試験の難易度

難しい試験ではないので独学でも十分合格可能です。

食品冷凍技士試験の勉強法

食品冷凍技士 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

冷凍・冷蔵・空気調和などに関わる装置を取り扱う職場で活躍することが可能です。

現在冷凍食品は年々その種類が増えています。これは、冷凍技術が高くなった事や、消費者の希望に沿っての事ですが、流通途中で解凍してしまう様な事があって、食品の安全性や衛生面に影響が出る様なことがあってはいけません。

その為食品冷凍技士はその専門的知識と技術の他、食品学、食品科学といった知識も併せて、冷凍食品の安全性をしっかりと確立する為に働いています。

この資格は知識だけでは無く、実務経験が必要です。現場で冷凍食品が作られて行く1つ1つの過程の中で、衛生面・安全面を確認して行く事が大切です。

単に冷凍食品を作る際に限らず、冷凍の技術に関わっている人や流通、管理技術者、品質検査責任者等、冷凍食品を扱う総ての人達に取得してもらいたい資格でもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理・食材の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました