きのこ検定試験の難易度・合格率・日程など

生活の資格
きのこ検定とは、きのこに関するありとあらゆる知識を問う試験で、「きのこ検定運営委員会」が実施しています。

きのこ狩りの方法や採取したきのこの調理法や食べ方など、実生活でも役立つ問題から、きのこ歴史や文化など様々な角度から出題されます。

試験区分は、小学生でも気軽チャレンジできる4級(ビギナーズ級)から、、きのこに関する幅広い知識を持ち、日々の生活や料理で使いこなせる方を対象にした2級まで実施しています。

尚、2015年段階ではまだ1級は実施されていません。

日本特用林産振興会が実施している「きのこアドバイザー」に比べると、受験資格も無く研修や実習を行う必要も無いので、気軽に受験することができます。

2013年からできたばかりの新しい資格です。

きのこ好きな方は勿論、調理師など食に携わる仕事をしている方は、知識の幅を広げる為にも是非チャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 きのこ検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 2級、3級、4級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 長野・東京・大阪・名古屋
試験方法 筆記試験(四者択一)
免除科目
合格基準 100問中70問以上の正解
受験料 【4級(ビギナーズ級)】3,900円
【3級】4,800円
【2級】5,250円
【4級・3級併願】8,250円
【3級・2級併願】9,600円
【4級・3級・2級併願】12,600円
問い合わせ きのこ検定運営委員会

試験日程

2月中旬(年1回)

第6回試験

【試験日】2019年2月24日(日)
【申込期間】2019年1月17日まで
【合格発表】試験の約1か月後を目途に発表

試験内容

試験は全級ともに基本的に公式テキストから出題されます。

尚、4級は問題にフリガナがつくので小さなお子さんでも受験可能です。

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

試験の難易度

まだ実施されたばかりの試験になるので、試験の難易度はまだよく分かりません。

試験の勉強

主に「きのこ検定 公式テキスト」から出題されるので勉強はやりやすいと思います。

勉強法 きのこ検定 勉強法
テキスト きのこ検定 公式テキスト

資格を活かせる仕事

趣味の資格になるのでこの資格を取得しても就職や転職で有利になることはほぼありません。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事