英語応対能力検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 英語応対能力検定
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 自宅などネット環境がある場所
試験日程  2018年3月(第3回)、2018年9月(第4回)、2019年2月(第5回)
申込期間 試験の約2週間前まで
受験料 6,500円(税別)
問い合わせ先 (株)学びUPコミュニケーションズ
スポンサーリンク

概要

日本の英語教育は、どうしても読み書きに重きが置かれ、会話の方がやや疎かになっているのは否定出来ないと思います。

英語対応能力とは、読み書きではなく、英語を「聞く事」と「話す事」を中心にし、外国人との会話をスムーズに、そしておもてなしするような心で英語で応対出来る能力のことを言います。

英語応対能力検定は、日本を訪れる外国人客に英語で応対する能力を判定できる検定です。

実際の現場で必要とされる「聞く」「話す」の2つの能力に重点を置いており、実際の会話がどのくらいできるのか、を判定します。

試験内容は、街中での会話に対応した「一般」と、「販売」「宿泊」「飲食」「鉄道」「タクシー」の業務別の6種類に分かれています。実際に仕事で必要なシーンに対応していることが、大きな特徴です。1種類だけ受けてもいいし、複数の種類を受けることもできます。実際に関わる分野に絞って英会話の能力をチェックすることができます。

英語応対能力検定はインタ―ネットに接続できる環境があれば、どこからでも受けることができます。合否が決まるのではなく、AからDまでの4段階で到達の度合いを測ります。

詳細な結果レポートがついているので、今後の英会話や応対のヒントを得ることができます。すでに仕事で外国人客に対して接客をしている方だけでなく、今後、外国人に接する機会がある方にも適しています。

近年のグローバル化に伴って企業でも社内は英語で、という所まで出てきました。又、海外との取引のある企業もあれば、外国人を接待する事が多くなったサービス業もあります。そんな場合、「活きた英語」と相手への好意で外国人と対応出来るのがベストですね。

試験内容

試験方法 iBT方式
問題数 67問
試験時間 約55分
合格基準 不明
免除科目 なし

出題範囲

選択式のリーディング・リスニング、音声録音のスピーキングの順に実施

受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

試験の難易度

難しい試験ではありませんが、英検に比べるとより実践的な試験になるので、実務経験の無い学生さんには少し難しく感じるかもしれません。

試験の勉強

英語応対能力検定の公認教材が全5冊ありますので、自分の苦手な分野から勉強を進めていきましょう。

テキストの紹介

英語応対能力検定 公認教材

資格を活かせる仕事

訪日外国人が増えているなかで、仕事の現場で英語による対応が求められるシーンが増えています。

しかし日本人にとって英語での会話は、慣れていないと本当に大変ですよね。現場ですぐに使える実践的な内容になっている英語応対能力検定を受けることでいまの英会話のレベルを知って、今後の仕事にいかしていくことができます。

英語応対能力検定は、外国人観光客と接する機会が多いサービス業に従事していくときに役立ちます。英語をつかって必要なサービスの提供がスムーズにできるようになります。

検定結果をふまえて、さらに英会話のスキルをアップさせることにつながります。実際の仕事の現場で役に立つので、受けるモチベーションも保ちやすいですね。

口コミ・体験談

まだありません。

※2018年01月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事