建築CAD検定試験の難易度・合格率・日程など

建築・電気の資格
建築CAD検定試験とは、製図作成ツールである建築CADを使って行う実技試験で、「一般社団法人 全国建築CAD連盟」が実施している民間資格になります。1993年に誕生した日本初の建築CADの資格試験として重要性は高まっています。

試験は、会場に設置しているパソコン(CADソフト付)で受験するか、ノートパソコンを持参して受験することも可能です。尚、学校へ通われている方は自分の学校で受験する団体受験をお勧めいたします。

実践型の試験方法を採用していますので、資格の勉強をすることにより、実務で使えるスキルを身に付けれることから、建築業界から大きな関心が寄せられている資格の一つと言えますので、それらの職種・業界で活躍したい学生には必須の資格と言えるでしょう。

試験は准1級~4級まで存在しますが(4級は団体のみ)、就職や転職で武器にしたいのであれば、2級以上は欲しいですね。尚、建築CAD検定試験の合格者には、認定級を明記した認定証が交付されますので、就職・転職活動にお役立て下さい。

(どうでもいいですが、準1級じゃなくて准1級なんですね・・・)

スポンサーリンク

基本情報

資格名 建築CAD検定
評価
【准1級】
資格種別 民間資格
資格区分 准1級、2級、3級、4級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国各地
試験方法 実技試験
免除科目
合格基準 非公開
受験料 【准1級】14,000円
【2級】10,000円
【3級】10,000円
【4級】3,000円(団体受験のみ実施)
問い合わせ 一般社団法人 全国建築CAD連盟

試験日程

4月、10月(年2回)

第74回試験

【試験日】2018年10月の日曜日
【申込期間】2018年8月1日~8月20日
【合格発表】2018年12月中旬

試験内容

准1級

課題として与えられた建築図面(RC構造等)を、自らの建築製図知識とCADの経験を駆使したうえ、建造物の特性を理解した適切な判断によるトレースを行なってこれを完成させる。

試験は実技試験で、下記の例に示す建築一般図を4面作成する

2級

自らの持つ建築知識をもとに、CADシステムを使って建築図面を作成する実力を備えているかを問う。

試験は実技試験で、一定時間内に下記の例に示す建築一般図を2面作成する。

3級

与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする実力を備えているかを問う。

試験は実技試験で、建築図面の要素を取り出して作成した参考図をもとに、完成図を一定時間内に作成する。なお問題数は4題である

4級

与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする実力を備えているかを問う。

試験は実技試験で、建築図面の要素を取り出して作成した参考図をもとに、完成図を一定時間内に作成する。なお問題数は3題で、難易度は3級検定試験より低い

受験者数・合格率

2016年

区分 受験申込数 合格率
准1級 42人 12.2%
2級 3,455人 55.1%
3級 3,010人 72.1%
4級 1,597人 91.1%

2015年

区分 受験申込数 合格率
准1級 31人 35.7%
2級 3,143人 55.7%
3級 2,685人 78.9%
4級 1,515人 90.1%

2014年

区分 受験申込数 合格率
准1級 52人
2級 2,838人 55.7%
3級 2,577人 73.4%
4級 1,271人 88.9%

2013年

区分 受験申込数 合格率
准1級 50人 28.5%
2級 2,335人 55.1%
3級 2,365人 76.7%
4級 1,196人 91.2%

試験の難易度

准1級に関しては比較的難しいですが、それでも数ヶ月の試験勉強期間があれば十分合格可能です。

試験の勉強

建築CAD検定 公式ガイドブック」があるので勉強はやりやすいと思います。

勉強法 建築CAD検定 勉強法
テキスト 建築CAD検定 テキスト
問題集 建築CAD検定 問題集

資格を活かせる仕事

建築設計事務所などで活躍することも可能ですが、最低でも2級以上を取得しないと求職活動で優位に立つことはできません。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事