シーフードスマート検定試験の難易度・合格率・試験日など

料理・食材の資格

シーフードスマート検定とは、日本の魚食文化を広く知ってもらう為に「一般社団法人 シーフードスマート」が実施している試験になります。

もともともは「魚食スペシャリスト」という資格でしたが、運営団体が変更になったことにより「シーフードスマート検定」へと名称変更しました。

試験はネット上で行われますので、ネット環境を持っている方であれば誰でも簡単に気軽に試験を受けることが可能です。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 シーフードスマート検定
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 ネット試験(4者択一式)
試験場所 自宅など
試験日 いつでも受験可能
申込期間
合格発表
受験料 1,000円
登録・更新
問い合わせ 一般社団法人 シーフードスマート 
関連資格
  • フードコーディネーター(食に関する資格の中でも華やかで人気のある資格)
  • 食品安全検定(食品工場や飲食店など、食べ物を扱う職場で活躍)
  • 雑穀エキスパート(雑穀の種類や栄養、料理への使い方、流通の現状など雑穀にまつわる知識を問われる)
  • だしソムリエ(料理教室の先生を目指している人や、料理の腕を上げたい人など受験している人は様々)
  • 日本さかな検定(さかなくんが応援団を務めている事でも知られている検定試験)

料理・食材の資格一覧

試験内容

日本の漁業、日本の魚食文化、持続可能な漁業とは、消費者運動としてのシーフードスマートとは

合格基準

100問中60問以上

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

試験の難易度

難しい試験ではありません。

試験の勉強

シーフードスマートのホームページから検定参考資料を取り寄せることができるので活用して下さい。

シーフードスマート検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

基本的に仕事で活用する様な資格ではありません。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事