MENU

焼酎きき酒師試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
焼酎きき酒師試験の難易度・合格率・試験日など
焼酎きき酒師試験とは

焼酎とその楽しみ方を提供できる様に、焼酎に関する知識や味覚が試される試験で、日本酒サービス研究会が実施・認定しています。

近年の焼酎ブームにより、注目を浴びている資格の一つと言えるでしょう。また、資格取得者の傾向としては、飲食店従事者や酒類の小売店の従事者、焼酎愛好家など、幅広い理由で取得されています。

資格を取得するには、基本的に3カ月間に渡る通信コースを受講して、添削問題をクリアすることで、認定手続きを行うことができます。

スポンサーリンク

目次

焼酎きき酒師試験の基本情報

資格名 焼酎きき酒師
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別 民間資格
ジャンル 料理・食材
受験資格 20歳以上
試験日程 日本酒サービス研究会ホームページでご確認下さい
試験場所 東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験内容 筆記試験、ティスティング
免除科目
合格点 不明
受験料 【受講・受験料】55,000円
登録・更新 【認定登録料】25,000円
【入学金】18,000円
【年会費】15,000円
問い合わせ 日本酒サービス研究会
関連資格

スポンサーリンク

焼酎きき酒師試験の講習内容

もてなしの基 真のプロフェッショナルが持つべき7つの能力や知識・技能
食品・飲料の基礎知識 食品・飲料の語源、各商品の効果的な分類方法と商品特性、発酵/食品・飲料の保存管理
食品・飲料の文化 食品・飲料の歴史、世界各国の食文化、接客サービスと日本文化
テイスティング テイスティング
マネジメント 飲食、サービス業の価値を高めるためにセールスプロモ−ションの基本
世界に誇るべき蒸留酒 焼酎について 焼酎ならではの魅力、日本各地の焼酎事情
焼酎のラベル表示事項 焼酎のラベルに記載されていること
本格焼酎、泡盛の基礎知識 本格焼酎、泡盛のできるまで
甲類焼酎の基礎知識 原料・製造方法・バリエーション
焼酎のテイスティング タイプ分類、提供方法を中心としたテイスティング法
焼酎のサービス たった1杯の焼酎を注ぐにも心を込める
焼酎のセールスプロモーション ケーススタディに学ぶプロモーション例

焼酎きき酒師試験の試験内容

一次試験 筆記試験 酒類をはじめ飲食全般における基礎知識
二次試験 焼酎に関する基礎知識と季節別提案
三次試験 ティスティング 2種類の焼酎をテイスティングと正常な焼酎と劣化した焼酎の品質の鑑定
四次試験 筆記試験 焼酎の季節別提案・サービス知識

 

焼酎きき酒師試験の受験者数・合格率

合格率は80%程

焼酎きき酒師試験の難易度

難易度としては低いです。

焼酎きき酒師試験の勉強法

資格を活かせる仕事

飲食業界で活躍することができます。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる